読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩視点

10年後までに家を購入してセミリタイアを目指す兼業主婦

大掃除〜物が少なくても捨てるものは出る〜

独身時代に数度引越しを経験しました。

その頃は、あの狭い部屋からよくぞこれほど…とため息の出るような荷物を搬出していました。

当時は本当に物が多かった。

使わない本棚ですら、「新居で使うかも」と処分せず玄関に置いていました。その本棚には宅急便用の判子しか入っていなかったんです(笑)

次の引越し先は本棚が備え付けで、そのいつかは永遠に来なかったのに。

 

いまの住まいで数年、どんどん荷物が減り、さすがに今年は捨てるものもないだろうと呆れ顔で夫が呟きましたが無視し捨て開始。

戦果、45ℓ袋に五つ。

今回は持ち物の定位置を見直し重複したストックを徹底整理した(洗剤が二ヶ所にストックされていた!)のと、要らない文具を処分したことでかなりスッキリ。

 

最後に酷使した衣類を整理してゴミ出し。今日はアウトレットへ行ってきました。

そうそう、年末のお買い物では必ずお箸を買うのです。我が家は夫婦用の二膳しかお箸を揃えておらず、一年経つとボロボロになっているのできり良く新年にお箸を交換します。年越しで下着を新しいものにするお家もありますよね、それと同じイメージで。

ちょうどアウトレットに「たち吉」が入っていて今年はそちらで購入しました。

仕事が残っていて「年末って感じしないわぁ」とぼやいた夫に少しでもお正月を感じてもらえたらいいなぁ。