読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩視点

10年後までに家を購入してセミリタイアを目指す兼業主婦

ホットヨガのすすめ

お題「続けている運動」

 

【すすめ】と書き出したものの、特にホットヨガの宣伝ではありません。

 

週2〜3回ほどホットヨガへ通っています。

先生の指示以外は私語がなく、とはいえ大勢の中でポージングするからサボらない。

リラックス、美容、体幹トレーニングなど内容が多岐に渡るので飽きません。

複数の系列店があるスタジオなので、職場に近い場所でレッスンが受けられ、飽き性の私でも続いています。

 

ホットだから痩せやすいとか、ダイエット効果はあまり期待できないそうです。40℃まで室温を上げるので、通い始めの頃は、結構しんどい割にはうま味が少ないなぁと不満でした。

が、冬になってようやくその意味が分かりました。

単純に、冷え予防なんです。

ホットでないヨガは冬場は冷えた体でレッスンスタートするため、準備運動が欠かせません。

その点、ホットヨガは冷やさずに動ける。

レッスンスタートより早めに入室して体温を上げ、汗をかきかきレッスンするとお肌がきれいになるという嬉しい点もありました。

それに気づいてからは、リラックス系(楽なやつ)もこまめに通うようにしています。

 

なかなかポージングできず悔しい時もありますが、数年続けると体幹の強さが段違いになると聞いて、今から楽しみにしています。

バレンタイン

バレンタインにチョコレートが必要なのは、夫と会社だけです。

会社では一昨年まで役職別に買い、チーム全員に買い、お返しを頂いて…と流れが決まっていました。

もう、なんでわざわざ百貨店までチョコ買いに行き、要らないクッキー貰わないといけないの?と嫌で嫌で。

男性だって、好意の押し付けと嫌がっている方がいるかも?とも思ったのです。

数年前から同じ意見だった他の女性社員と相談し、去年はフロア全体の女性社員で大袋購入、休憩室の設置で「お好きな方は召し上がれ」スタイルへ変更しました。

確か、ホワイトデーにはお返しのようなクッキー類が並んでいたと記憶しています。

私はチームの女性が個人的に男性に贈っていても構わない、というスタンスだったので出来たことかもしれませんが、このシステムはかなり好評でした。(ホワイトデーもお金がかかりませんし 笑)

 

夫には、お店が混み出す前にて買って贈るつもりです。

じつは、第一弾は今日、来月頭に第二弾を準備しています 笑

大の甘党&毎日少しずつ大切に食べてくれるので贈り甲斐があります。

こういう人にこそ、じっくり選んで渡したいものです。

 

今年は女性社員の異動で面子が変わったから決め直さないとなぁ…。

 

大掃除〜物が少なくても捨てるものは出る〜

独身時代に数度引越しを経験しました。

その頃は、あの狭い部屋からよくぞこれほど…とため息の出るような荷物を搬出していました。

当時は本当に物が多かった。

使わない本棚ですら、「新居で使うかも」と処分せず玄関に置いていました。その本棚には宅急便用の判子しか入っていなかったんです(笑)

次の引越し先は本棚が備え付けで、そのいつかは永遠に来なかったのに。

 

いまの住まいで数年、どんどん荷物が減り、さすがに今年は捨てるものもないだろうと呆れ顔で夫が呟きましたが無視し捨て開始。

戦果、45ℓ袋に五つ。

今回は持ち物の定位置を見直し重複したストックを徹底整理した(洗剤が二ヶ所にストックされていた!)のと、要らない文具を処分したことでかなりスッキリ。

 

最後に酷使した衣類を整理してゴミ出し。今日はアウトレットへ行ってきました。

そうそう、年末のお買い物では必ずお箸を買うのです。我が家は夫婦用の二膳しかお箸を揃えておらず、一年経つとボロボロになっているのできり良く新年にお箸を交換します。年越しで下着を新しいものにするお家もありますよね、それと同じイメージで。

ちょうどアウトレットに「たち吉」が入っていて今年はそちらで購入しました。

仕事が残っていて「年末って感じしないわぁ」とぼやいた夫に少しでもお正月を感じてもらえたらいいなぁ。

知らなかった名作マンガ・随時更新

知ってるけど読んだ事がない、ではなく全く知らず読んでみたらとても良かった作品群。

備忘録です。

いつかのために。

 

Papa told me榛野なな恵 全27巻

 

私のカバンの中身

お題「私のカバンの中身」

 

ネタがないのではてなブログお題を拝借。

 

必ずハンカチ二枚を持ち歩いています。

タオルハンカチと薄手の綿ハンカチ。

 

今の職場に移ってからの習慣で、新しいオフィスのお手洗いにはハンドドライヤーがありません。

従って、席を立つ度にハンカチが必要です。

食事や諸々にハンカチの使用頻度が何故か高い私。お手洗いで濡れたハンカチをそうした場面で使いたくありません。

だから、二枚。

 

褒められたくてついた習慣じゃありませんが、一度「鳩子さんはいつもちゃんとしたハンカチを持ち歩いてるね」と気づいてもらって嬉しかったですね。

 

意外なことに女性でもハンカチを持ち歩いていない人も多くて、何で拭いてるの?と見ていたら髪をセットするフリをして拭いてました…。

そうすると、思い切って手を洗えない(手を濡らしたくないから)=不潔?それはいやだ…。

 

価値観は人それぞれですが、実家の両親もそれぞれのライフスタイルに沿ったハンカチを持ち歩いており、その習慣・癖を受け継ぐことができて良かったです。

 

ちなみにハンカチはもっぱらデパートのセールでまとめ買い。

タオルハンカチは500円程度で購入できます。

いつか薄手の綿ハンカチをスワトウの刺繍ハンカチで揃えるのが夢です。だって高いんだもん。

友人と買い物に行ってみたら発見があった話

休日のランチ後に友人とショッピング。

本当は一人ショッピング派なのに、珍しく誘ってみたお話です。

 

《たまには客観視してもらおう!》

 コットンセーターを試着した際に、

「グレーのワイドパンツをこうやって合わせると…」と店員さんが提案してくれました。

普段ならグレー、しかもワイドパンツは履かないなぁとあっさり断ってしまうのですが、

「グレー持ってないの?冬はグレー履いておけば抜け感が出るから絶対に必要よ!」と隣から友人。

そんなものかと、安かったこともありグレーパンツも購入しました。

 

次の休みにそのパンツをおろした私を見て、「形も色も(私が選ぶには)珍しいね、似合うよ」と夫から嬉しいコメントが。

よくよく帰ってみてみると、グレーパンツは手持ちトップス(ネイビーや白が多い)のどれにもよく合い、大変便利そうなのでした。

 

もちろん友人は私のワードローブなど知らない筈で、もしかしたら適当なコメントだったかもしれません。

それでも、外部の意見を素直に聞き入れたら結果良かった、そういうことかと思いました。

 

《少しだけ視野を広げてみよう》

最近、仕事で意固地になりすぎて疲れてた私。

久しぶりに会う友人のお陰で、視野の広げ方を思い出させてもらった気がします。

もう少し、周りの意見を素直に受け入れてみよう。

そうしたらあっさりラッキーが降りてくるかもしれません。

グレーのパンツみたいに。

住居購入時期について①

住まいについて、購入時期でいつも諍いになります。

 

人生の目標がセミリタイア(専業主婦化)&住居購入の私と違い、夫にとってのそれは通過点なので必死さが違うのがネックかなあ。

 

ただお互いにもう数年先には(買いましょう)という意見は共通していて、今は少しずつ情報を集めているところです。

 

この低金利時代なので、周囲はあっさり戸建やマンションを買う人が多い。実際に得なんだとも思います。

夫の同期も結婚や同居を機に購入する人がいて、その度に購入エリアや事情を教えてくれます。

けれど我が家はもう少し悩みたい、今日はその理由に触れたいと思います。

 

【①希望エリアが定まらない】

⚪︎希望エリアの範囲が広すぎて具体性が無い

これ言ってしまうと元も子もないですが、例えば駅からの許容範囲などまだ決めきれず…。これは今後長期に電車通勤する夫が本気出して考えてくれないと始まらないですね。私はいま住んでいるエリアが大変気に入っているので、隣の建売を買っても良いくらいだけど。

 

【②社宅に住んでいる】

⚪︎僅かな社宅利用費しか掛かっていない。

この点はひたすら有難く、今の住まいに殆どお金が掛かっていません。更に有難いことに、社宅補助の代わりとして月に数万円の持家購入補助を受けられるそう。

 

【③購入目的】

⚪︎私達は終の住処としての購入を検討していて、将来の転売を目的としていません。

②を受けて早い時期に購入すると、資産として持家を手に入れられますがその分かかる費用も増えていきます。主に固定資産税などの税金、マンションであれば管理費も別途必要。そしてリフォームが必要になる時期も当然早まり、全く同価格の住居を購入したとしても十年早く購入した者がリフォーム費用が数百万円多くかかる可能性があります。転売目的なら築5年、10年を目安に手放すことも考えられるけど、長期居住のランニングコストを想定すると購入待機もありかと思います。

 

【④住宅ローン年数を抑えられる】

超低金利時代に入り、固定ローンで組んでも補助金でペイできるのが住宅購入の後押しをしている。この恩恵を受ければ無理なくローンを組めそうですが、裏を返せばローン返済必要の無い人にはあまり縁の無い話。我が家はあと5年ほどで新築戸建分は貯金できるので、その時に最も得な税制を利用してローンを組みたいと考えています。

 

これは余談ですし、共感を得たい訳ではありませんが住宅ローンについて小噺を一つ。

以前、某メガバンクのお誘いで資産形成面談を受けたときのこと。住宅ローンについて、相談したとことそちらの行員さんが、「私は75歳まで30年ローンを組みましたよ!今の制度だとローンは組んだ方が得ですし、僕が死んだら団信でローンタダになりますしね!うちの奥さんは早く死んでって思ってるかもなぁ、はははははは!」

 

Σ(・□・;)

 

切ない(T_T)