読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩視点

10年後までに家を購入してセミリタイアを目指す兼業主婦

貧困の連鎖とトラウマ

この衝撃的なキーワードがメディアで騒がれてから久しいですね。

 

ここしばらく、高校や大学の同級生と会う機会が多かったのです。みんな子どもが生まれたり、家を建てたりで会うきっかけに恵まれました。

会ってしばらくは共通の友人や学校の話題で盛り上がるのですが、最後はお金の話題に繋がっていきます。

育児休暇やローン、学資保険などいよいよ出て行くお金が増えてきたんだと思います。時折、「奨学金まだ返し終えてないんだけどね」と恐ろしい言葉を吐く子も。

 

そう、奨学金

卒業して二桁年数が経って、まだ返済しているという子は借り入れが膨大だったか、無計画かの二択です。

私の友人には後者の該当はおらず、ローンや育児費用を払いながら少しずつ真面目に返済しています。

大学四年間を月10万借り続けると、それだけで480万。有利子だと返済は更にアップ。手取りなんて期待できない初任給から500万を超える『借金』を背負うのです。

かくいう私も育英会奨学金には高校から大学までお世話になり、月10万を借り入れていました。振り返ってみると、実家はあまり裕福ではなかったようです。

社会に出て周囲に奨学金を借りた人が少ないことには驚きましたし、皆よりマイナススタートなんだなぁ…と寂しかったですね。後輩が海外旅行を何度も楽しんでいるのを見て、私は海外旅行したつもりで返済しよう…と。このとき、お金を持つということは、心の余裕とか、生活の豊かさを得ることなのだと強く思い知りました。

 

ですが幸いなことに入社した企業は収入が安定していて早めに完済できました。

また高校時代に受けていた奨学金育英会だけでなく、返済不要型も月に数万円を受給していましたが、それは担任の先生が気を利かせて私を推薦してくれたことも後で知りました。

本当に、私は運が良かった。

人や環境に恵まれ、在学中も社会人になっても貧しさをあまり感じずに完済できました。

 

もう一つ幸運だったのは、両親が私に対してとても期待してくれていたことです。負けず嫌いな性格なので、『玉の輿を狙うより一生自分で食べていけるよう勉強させた方が良い』と「女の子が学をつけてどうする」といった祖父母の反対も押し切ってくれました。お金が無いから進学させない、と言わなかった両親の気持ちには今でも感謝しています。
そのおかげで視野広く将来を見据えられましたし、より恵まれた職にも就けました。間違いなく両親が若かった頃より豊かに暮らせているし、母は私の暮らしぶりを見て嬉しそうにしています。

 

一方で、少しでも道を違えていたら危うかったなとも思います。

あえてきつい物言いをすると、両親はその時点で返済能力のない私に借金を背負わせました。今は消費者金融でも年収の何割かまでしか借りられないですよね?両親に感謝してはいますが、卒業後の返済プラン含めお金について当時の私と真剣に話し合う場を持って欲しかったです。(私も提案すべきでした。)奨学金返済経験の無い両親にはこの気持ちは分かりようもなかったのかもしれませんけどね。

ここ数年は就職難が重なり奨学金破産する若者が多いと聞くにつけ、私も低収入な業種だったら危なかったなぁとヒヤヒヤします。

加えて、「お金とは心の豊かさや余裕を運ぶもの」と書きましたが、私は今でも人並み以上の貯蓄がないと安心できません。35年ローンにお子さん二人&専業主婦、なんて友人の話を聞いても「きっと安定した職業だから大丈夫なんだろうなぁ」と思えるのに、自分のライフプランには全く自信が持てません。ギャンブルのように100%自己責任なものでない借金を背負った経験を持っているからだろうと勝手に自己分析しています(もちろん自分が使ったお金なのですが。)病気や怪我、大きな出費を必要以上に恐れると夫にも心配されています。夫は金銭面に恵まれて育ち、そのせいか義実家もギスギスした雰囲気が全くないんです。節制しても他者に遣うお金は惜しまない、つくづく私には勿体無い伴侶だと感じます。

夫のようにありたいと思いますが、染み付いた貧乏性はなかなか治らず辛いです。冠婚葬祭や職場行事には嫌な顔せず支出するのが精一杯で、その度に器量の小さい自分を嫌いになりそうななってしまいます。お金に紐は付けられないというのに…。せっかく両親が豊かに暮らせるよう育ててくれたので、このトラウマを解消させるのが目下の課題です。

 

家が欲しいと散々書いてますが、10年以内のローンで買えるくらいの貯金が無ければ買うつもりはありません。いつになることやら(笑)

 

 

ホットヨガのすすめ

お題「続けている運動」

 

【すすめ】と書き出したものの、特にホットヨガの宣伝ではありません。

 

週2〜3回ほどホットヨガへ通っています。

先生の指示以外は私語がなく、とはいえ大勢の中でポージングするからサボらない。

リラックス、美容、体幹トレーニングなど内容が多岐に渡るので飽きません。

複数の系列店があるスタジオなので、職場に近い場所でレッスンが受けられ、飽き性の私でも続いています。

 

ホットだから痩せやすいとか、ダイエット効果はあまり期待できないそうです。40℃まで室温を上げるので、通い始めの頃は、結構しんどい割にはうま味が少ないなぁと不満でした。

が、冬になってようやくその意味が分かりました。

単純に、冷え予防なんです。

ホットでないヨガは冬場は冷えた体でレッスンスタートするため、準備運動が欠かせません。

その点、ホットヨガは冷やさずに動ける。

レッスンスタートより早めに入室して体温を上げ、汗をかきかきレッスンするとお肌がきれいになるという嬉しい点もありました。

それに気づいてからは、リラックス系(楽なやつ)もこまめに通うようにしています。

 

なかなかポージングできず悔しい時もありますが、数年続けると体幹の強さが段違いになると聞いて、今から楽しみにしています。

バレンタイン

バレンタインにチョコレートが必要なのは、夫と会社だけです。

会社では一昨年まで役職別に買い、チーム全員に買い、お返しを頂いて…と流れが決まっていました。

もう、なんでわざわざ百貨店までチョコ買いに行き、要らないクッキー貰わないといけないの?と嫌で嫌で。

男性だって、好意の押し付けと嫌がっている方がいるかも?とも思ったのです。

数年前から同じ意見だった他の女性社員と相談し、去年はフロア全体の女性社員で大袋購入、休憩室の設置で「お好きな方は召し上がれ」スタイルへ変更しました。

確か、ホワイトデーにはお返しのようなクッキー類が並んでいたと記憶しています。

私はチームの女性が個人的に男性に贈っていても構わない、というスタンスだったので出来たことかもしれませんが、このシステムはかなり好評でした。(ホワイトデーもお金がかかりませんし 笑)

 

夫には、お店が混み出す前にて買って贈るつもりです。

じつは、第一弾は今日、来月頭に第二弾を準備しています 笑

大の甘党&毎日少しずつ大切に食べてくれるので贈り甲斐があります。

こういう人にこそ、じっくり選んで渡したいものです。

 

今年は女性社員の異動で面子が変わったから決め直さないとなぁ…。

 

大掃除〜物が少なくても捨てるものは出る〜

独身時代に数度引越しを経験しました。

その頃は、あの狭い部屋からよくぞこれほど…とため息の出るような荷物を搬出していました。

当時は本当に物が多かった。

使わない本棚ですら、「新居で使うかも」と処分せず玄関に置いていました。その本棚には宅急便用の判子しか入っていなかったんです(笑)

次の引越し先は本棚が備え付けで、そのいつかは永遠に来なかったのに。

 

いまの住まいで数年、どんどん荷物が減り、さすがに今年は捨てるものもないだろうと呆れ顔で夫が呟きましたが無視し捨て開始。

戦果、45ℓ袋に五つ。

今回は持ち物の定位置を見直し重複したストックを徹底整理した(洗剤が二ヶ所にストックされていた!)のと、要らない文具を処分したことでかなりスッキリ。

 

最後に酷使した衣類を整理してゴミ出し。今日はアウトレットへ行ってきました。

そうそう、年末のお買い物では必ずお箸を買うのです。我が家は夫婦用の二膳しかお箸を揃えておらず、一年経つとボロボロになっているのできり良く新年にお箸を交換します。年越しで下着を新しいものにするお家もありますよね、それと同じイメージで。

ちょうどアウトレットに「たち吉」が入っていて今年はそちらで購入しました。

仕事が残っていて「年末って感じしないわぁ」とぼやいた夫に少しでもお正月を感じてもらえたらいいなぁ。

知らなかった名作マンガ・随時更新

知ってるけど読んだ事がない、ではなく全く知らず読んでみたらとても良かった作品群。

備忘録です。

いつかのために。

 

Papa told me榛野なな恵 全27巻

 

私のカバンの中身

お題「私のカバンの中身」

 

ネタがないのではてなブログお題を拝借。

 

必ずハンカチ二枚を持ち歩いています。

タオルハンカチと薄手の綿ハンカチ。

 

今の職場に移ってからの習慣で、新しいオフィスのお手洗いにはハンドドライヤーがありません。

従って、席を立つ度にハンカチが必要です。

食事や諸々にハンカチの使用頻度が何故か高い私。お手洗いで濡れたハンカチをそうした場面で使いたくありません。

だから、二枚。

 

褒められたくてついた習慣じゃありませんが、一度「鳩子さんはいつもちゃんとしたハンカチを持ち歩いてるね」と気づいてもらって嬉しかったですね。

 

意外なことに女性でもハンカチを持ち歩いていない人も多くて、何で拭いてるの?と見ていたら髪をセットするフリをして拭いてました…。

そうすると、思い切って手を洗えない(手を濡らしたくないから)=不潔?それはいやだ…。

 

価値観は人それぞれですが、実家の両親もそれぞれのライフスタイルに沿ったハンカチを持ち歩いており、その習慣・癖を受け継ぐことができて良かったです。

 

ちなみにハンカチはもっぱらデパートのセールでまとめ買い。

タオルハンカチは500円程度で購入できます。

いつか薄手の綿ハンカチをスワトウの刺繍ハンカチで揃えるのが夢です。だって高いんだもん。

友人と買い物に行ってみたら発見があった話

休日のランチ後に友人とショッピング。

本当は一人ショッピング派なのに、珍しく誘ってみたお話です。

 

《たまには客観視してもらおう!》

 コットンセーターを試着した際に、

「グレーのワイドパンツをこうやって合わせると…」と店員さんが提案してくれました。

普段ならグレー、しかもワイドパンツは履かないなぁとあっさり断ってしまうのですが、

「グレー持ってないの?冬はグレー履いておけば抜け感が出るから絶対に必要よ!」と隣から友人。

そんなものかと、安かったこともありグレーパンツも購入しました。

 

次の休みにそのパンツをおろした私を見て、「形も色も(私が選ぶには)珍しいね、似合うよ」と夫から嬉しいコメントが。

よくよく帰ってみてみると、グレーパンツは手持ちトップス(ネイビーや白が多い)のどれにもよく合い、大変便利そうなのでした。

 

もちろん友人は私のワードローブなど知らない筈で、もしかしたら適当なコメントだったかもしれません。

それでも、外部の意見を素直に聞き入れたら結果良かった、そういうことかと思いました。

 

《少しだけ視野を広げてみよう》

最近、仕事で意固地になりすぎて疲れてた私。

久しぶりに会う友人のお陰で、視野の広げ方を思い出させてもらった気がします。

もう少し、周りの意見を素直に受け入れてみよう。

そうしたらあっさりラッキーが降りてくるかもしれません。

グレーのパンツみたいに。